magachabaru_entrance001

Introduction ようこそ、やんばるの深淵へ

Private resort of subtropical forest secretly 密やかな亜熱帯の森の私的リゾート

 

亜熱帯の緑が生い茂る沖縄本島北部、今帰仁村の奥深く。
木々の手招きを受けてたどりつくサンクチュアリ。

人目を離れて 自然のなかでのびやかに。
贅沢なまでの空間を自由に、優雅に。
どこにも似ない、あなただけの時間をお愉しみください。

森の緑や生き物たちもあなたとの出逢いを
静かに心待ちにしています。

 

Location ”Nakijin” ”Imadomari” 今帰仁村今泊

沖縄県立自然公園内にあり、世界遺産「今帰仁城跡」を擁する今帰仁村今泊の集落は、フクギ並木が美しく、沖縄らしい赤瓦屋根の古民家が多く、静かな癒しの集落です。そんな今泊区の奥深く、密やかに「MAGACHABARU OKINAWA」は誕生いたしました。「マガチャバル」とは今帰仁城に納めるお茶を栽培していた地と伝えられる地名「曲茶原」から。肥沃なマガチャバルの森が織りなす植物相、刻一刻と変化する夕暮れ模様、自然の移り変わりをゆっくり眺め、MAGACHABARU OKINWA の森と空をからだいっぱいで感じてください。

 

Meal 食について

 

沖縄北部は沖縄県内でも指折りの食材の宝庫。名護湾・本部漁港からの「海の幸」はもちろん、もとぶ牛、やんばる黒豚あぐーなどの「ブランド肉」も豊富、それに加えシェフ自ら厳選する地元の新鮮野菜とで織りなす琉和イタリアンを、宿泊するお客様だけが利用できるレストラン『MAGACHABARU』でお楽しみください。

 

Interior 空間について

建築デザイナーとオーナーにより設計された空間は、まるでやんばるの森を展示する博物館のよう。様々に目に映るパースは芸術品のようで、訪れるものに不思議な寛ぎで旅を満喫させます。客室はもちろん、レストランやプール、階段や通路にいたるまで森林の息遣いを感じることのできる解放感あふれる造りです。